Resident Artist 2022Kajihara Mizuki梶原瑞生

日本/Japan

The Libertine Punished or… / 《罰せられた放蕩者または》
Installation, 2019
Photo: Kenryou Gu

1993年大阪府生まれ、京都府在住。音の意味を探ることに関心を寄せて制作をしている。近年では、構造が記譜によって明らかになっている西洋のクラシック音楽を主に題材とし、楽曲の歴史や作曲の経緯などをリサーチして作品を生み出している。組み立てられた楽曲の音を解体し、パフォーマンスをしたり映像を撮ったりしながら再構成することで抽象的な音を視覚化する。アーカスプロジェクトの滞在においては、茨城県の大洗町が発祥と言われる民謡《磯節》の再構成を試みる。

Kajihara Mizuki was born in 1993 in Osaka Prefecture and is now based in Kyoto Prefecture. Her practice explores her interest in searching for the meanings of sound. Her recent work has examined Western classical music and how its structure is made apparent by a musical score, and researched the history of pieces of music and their composition. Deconstructing the sounds from which pieces of music are assembled, she makes sound― something that is abstract―visible by reconfiguring music through a process of performing and filming. During her residency at ARCUS Project, Kajihara will reconfigure “Isobushi,” a Japanese folk song that is said to have originated in the town of Oarai in Ibaraki.

[主な展示・活動歴]

2020-2021 Cité internationale des arts (レジデンスプログラム参加)パリ, フランス
2020 「フィールドワーク:教科書としての現代アート」東京都美術館
2019 「YESTERDAY’S TOMORROW IS TODAY」VBKÖ, ウィーン, オーストリア
2017 「ULTRA GLOBAL AWARD 2017 新しい泉のための錬金術 ―作ることと作らないこと」ギャルリ・オーブ, 京都

Selected Exhibitions and Activities

2020-2021 Cité internationale des arts (Residence Program), Paris, France
2020 FIERLD WORK, Tokyo Metropolitan Art Museum
2019 YESTERDAY’S TOMORROW IS TODAY, VBKÖ, Vienna, Austria
2017 ULTRA GLOBAL AWARD 2017, Galerie Aube, Kyoto

The Libertine Punished or… / 《罰せられた放蕩者または》
Music score, 2019

bolero
Installation, 2021

Back to TOP