Resident Artist 2020-2021OLTAオル太

Project

Cultivate House: Uncertain Generation耕す家:不確かな生成

私たちは、数年間使用されてこなかった守谷市内の土地に仮の家を建て、住みながら、農耕を通して人間とそれを取り巻く環境について考える。

農耕は、復元可能性を含んだ人間による地表への働きかけである。人間は耕地を繰り返し生み出し、作物を栽培する。しかし、実際に農家であるか、畑を持っていなければ、そうした営みは体験されにくい。

今回、市民にお借りした、竹林と住宅地に挟まれた土地は、市街化調整区域に指定される。市街化調整区域とは、無秩序な市街化を抑制するために開発や建築が原則として禁止されている。この場所で私たちが農耕を営むための「家」を建てるために、仮設興行場としての建築許可を申請する。《耕す家》は道具を置く「納屋」とベッドやコンポストトイレといった「家」としての機能を持つ。壁の一部は、舞台として畑の方へと開かれる。

畑には固定種や在来種などの種を植え、コンパニオンプランツや草マルチを用いて不耕起栽培に取り組む。この方法で栽培する農作物は、土壌の条件から各々の種によって生育が変わるため、同時期に収穫することはできない。その一方で、作物は、それぞれ土壌に住む生態系を活かして育つ。

作物の成育する過程を観察し、この場所で拾ったプラスチックやアルミ缶などの人工的な素材に版画として描く。また、土地に自生している竹や葛を利用して、オブジェクトをつくる。農作物を調理して食べ、米ぬかや籾殻を利用し、排泄物を堆肥に変える。空き地を起点として、自然との協同を見出すことによって、自然環境への人間の営みの再適応の道を提示する。

We built a temporary house on a piece of land in Moriya City unused for several years, and while living there, are thinking about humankind and its environment through farming.

Farming is the human activity of working the land sustainably. Humans cultivate the land and raise crops. But in reality, this is something difficult to experience unless you are an actual farmer or have a field.

Sandwiched between a bamboo grove and houses, the land we have borrowed from a local resident for the project is designated an “urbanization control area.” In such an area, development and building construction is in principle prohibited in order to prevent uncontrolled urbanization. So that we could construct a “house” for farming at this location, we applied for a building permit for what is termed a temporary “entertainment place.” Cultivate House functions as an actual house with a “barn” for storing tools as well as beds and a composting toilet. Part of the wall opens out toward the field like a stage.

In the field, we have planted true-bred and native species, and engage in no-till farming using companion planting and mulched grass. Due to changes in how different species grow according to the conditions of the soil, crops cultivated through such methods cannot be harvested in the same season. On the other hand, crops grow by harnessing the ecosystems that exist in the soil.

Observing the process of the crops growing, we have created prints on artificial materials found at the site like plastic and aluminum cans. We have also used the bamboo and arrowroot growing wild on the land to make objects. We cook and eat the crops, and use rice bran or husk to turn human waste into compost. Starting from a vacant plot of land, we are proposing ways to readapt human activities to the environment by finding cooperation with nature.

Comment for Open Studiosオープンスタジオによせて

東京を拠点に活動する6人組のアーティストコレクティブ「オル太」は、アーカスプロジェクトにおいて《耕す家: 不確かな生成》を手がけた。本プロジェクトは、以前に行なったものを守谷市の土地の特長を踏まえながら改編したものだ。初年度には、不耕起栽培や堆肥づくりを学ぶために福島県の土壌生態学者を訪ねた。また守谷市では、環境池水学研究者の協力を得て畑の候補地を選定した。2年目には、その畑で、実際に陸稲や瓜、豆類などの種を蒔いて育て、収穫をした。並行して、耕作地内に小屋を建てるべく、建築申請の手続きを行なった。

専業の農業従事者ではないからこそ、オル太は、投機と回収という高度に産業化した農業とは別のモデルを追求している。不耕起栽培という実験的な農法を採用したり、一代限りの作物しか実らせないF1種ではなく在来の種を使っての作物栽培を行ったりすることができるのも、これが理由だ。また、敷地に小屋を建てるときには、土地利用と建築を巡る法律が壁になることもあり、思いのままに農作物の栽培を行うことの難しさを経験した。そうした、産業化した農業の隙間を縫うようにして進められたこのプロジェクトの過程で、版画やフロッタージュ、ドローイング、また収穫物は生まれ、それらがアーカススタジオとその近隣にある畑および小屋にて展開している。「完成」よりも「循環」を生むことにこのプロジェクトの意義があるとするならば、今回の取り組みがまた場所と時を超えてつづいてゆくことを願わずにはいられない。
(ディレクター 小澤慶介)

At ARCUS Project, the Tokyo-based, six-member artist collective OLTA has created Cultivate House: Uncertain Generation. This project was reconfigured from a previous endeavor according to the specific features of the land in Moriya City. During the first year, the group visited a soil ecologist in Fukushima Prefecture to learn more about no-till farming and composting. In Moriya, the group selected a candidate field with the assistance of a soil hydrologist. During the second year, OLTA actually planted, farmed, and harvested dry-land rice, gourd, and beans in the field. In parallel with this, the group undertook the application process necessary for building a small hut on the site.

Precisely because they are not specialists engaged in agriculture, OLTA sought out a model of farming different from the highly industrialized one of investment and recoupment. And this is why OLTA is able to utilize the experimental method of no-till farming and grow crops using native species instead of F1 hybrid seeds that only yield a one-off crop. When building the small hut on the land, the group also faced the hurdle that is the laws surrounding land use and architecture, and experienced the difficulty of farming crops like they wanted. Over the course of this project that proceeded as if stitching up the gaps within industrialized agriculture, there emerged prints, frottages, drawings, and harvested crops, all unfolding at ARCUS Studio as well as in the nearby field and hut. Assuming that the project’s significance lies not in reaching a state of “completion” but in producing a “cycle,” we must hope that the endeavor continues across other locations and points in time in the future.
(Director Keisuke Ozawa)

In the Studioスタジオ風景

PHOTO

縣健司 Kenji Agata
加藤甫 Hajime Kato
山科晃一 Koichi Yamashina

Documentsドキュメント

《耕す家》が(法律的に)建つまで


CREDITS

建築申請
井上岳(GROUP)
棗田久美子(GROUP)
西田司(オンデザインパートナーズ)

謝辞
飯田智弘
小野清
金子信博
輿石京子
鈴木健太
宮崎毅
原広
山下秀樹
近隣住民の皆様

協力
株式会社 拓和

映像撮影
縣健司
飯岡幸子
山科晃一
オル太

編集
メグ忍者(オル太)

サウンドデザイン
井上徹(オル太)

プロデュース、ディレクション
オル太

Building permit
Gaku Inoue (GROUP)
Kumiko Natsumeda (GROUP)
Tsukasa Nishida (ondesign partners)

Special Thanks
Tomohiro Iida
Kiyoshi Ono
Nobuhiro Kaneko
Kyoko Koshiishi
Kenta Suzuki
Tsuyoshi Miyazaki
Hiroshi Hara
Hideki Yamashita
Neighbors

Cooperation
Takuwa Corporation

Video
Kenji Agata
Yukiko Iioka
Koichi Yamashina
OLTA

Edited by
MEGUNINJA (OLTA)

Sound Design
Toru INOUE (OLTA)

Produced and directed by
OLTA

About Artistアーティストについて

2009年に東京で結成された、6人組のアーティスト集団。これまでに、ゲームや祭りなど、特定の共同体において見られる集団的な行為とそこで繰り広げられるコミュニケーションに着目し、それらを再編・再演する作品 《超衆芸術 スタンドプレー》や《TRANSMISSION PANG PANG》などを手がけてきた。また、近年の作品《耕す家》は、不耕作地に建てたポータブルな家を拠点に、耕作と制作を行うというものだ。オル太の制作は、さまざまな共同体の基盤を揺さぶり、それを支えている思考や慣習、言語、生活様式を浮かび上がらせる。

[主な展示・活動歴]

2020 「超衆芸術 スタンドプレー」ロームシアター京都×京都芸術センター U35創造支援プログラム “KIPPU”
2019 青森EARTH2019「いのち耕す場所ー農業がひらくアートの未来」青森県立美術館
2016 釡山ビエンナーレ2016「Hybridizing Earth Discussing Multitude」韓国
2014 SeMA Nanji Residency, ソウル, 韓国
2013 「内臓感覚ー遠クテ近イ生ノ声」金沢21世紀美術館, 石川

OLTA is a group of six artists formed in Tokyo in 2009. Its practice to date has focused on collective acts within particular communities like games and festivals, and the communication that unfolds there, which it has reconfigured and re-enacted in such works as Hyper Popular Art Stand Play and TRANSMISSION PANG PANG. Its recent work Cultivate House saw the group undertake cultivation and production at a mobile home built on untilled land. OLTA’s practice disrupts the foundations of various communities, and brings out the ideas, customs, language, and lifestyles that underpin these.

[Selected Exhibitions and Activities]

2020 Hyper Popular Art Stand Play, ROHM Theatre Kyoto + Kyoto Art Center KIPPU Under 35 Creative Support Program
2019 Aomori EARTH 2019: Agrotopia – When Life Becomes Art Through Local Agriculture, Aomori Museum of Art
2016 Busan Biennale 2016: Hybridizing Earth, Discussing Multitude, South Korea
2014 SeMA Nanji Residency, Seoul, South Korea
2013 Visceral Sensation – Voices So Far, So Near, 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa, Ishikawa

Back to TOP